...

ニューヨークの予防接種に関して

 

予防接種に関する以下の施策は、現在ニューヨーク市で実施中又は、近々実施される予定のものです。

 

下記の職員には予防接種又は検査が義務付けられます。

  • 公衆衛生施設や病院の職員 :予防接種のみ
  • 自治体職員: 9月13日までに予防接種または検査
  • 裁判所の公務員: 予防接種または週1回の検査
  • 地下鉄の職員: 予防接種または週1回の検査
  • 港湾局の職員: 予防接種

 

従業員に予防接種を義務付けている、または義務付けようとしている大企業には、ディスニー、フェイスブック、マイクロソフト、ニューヨーク証券取引場などがあります。9月13日に開催されたMet Gala※の出演者も2回分の予防接種が済んだことを証明する様に求められました。

 

イエール大学やプリンストン大学などの大学では、すべての学生、教職員に予防接種を義務付けています。

 

さらに12歳以上の全ての人がレストラン、イベントスペース、ホテルの宴会場、バー、ナイトクラブ、食料品店や室内で食事が出来るファーストフード店、コーヒーショップ、ジム、フィットネスセンターやレッスン、プール、ダンススタジオ、映画館、音楽・コンサート会場、博物館、美術館、水族館・動物園、プロスポーツアリーナ、屋内競技場、コンベンションセンター、展示場、舞台芸術劇場、ボーリング場、ビリヤード場、レクリエーション・ゲームセンター、屋内プレイエリア等に入る場合は、新型コロナウイルスの予防接種を少なくとも1回接種したことを証明する必要があります。

 

この政策を強化するために市とニューヨーク州は、宝くじ、奨学金、地下鉄の無料乗車券、美術館やスポーツ観戦などの優待券などのインセンティブを提供しています。

 

これは東京の未来を描いたものだと思いますか?

 

※Met Gala: 毎年ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されるファッションの祭典で、ゲストの服装が奇抜で毎回話題になるチャリティーイベント

このブログでは、大きく2つのパートに分けて様々なことを紹介していきます。

このブログの名前でもあり、1つ目のパートである’Out of the Blue’ではあまり知られていないことや、ちょっと変わった事柄について紹介します。2つ目は’A Good Idea?’というタイトルで、世界中に溢れる「ためになる情報」を様々な事例と共に紹介します。これら2つのパートは実際のレッスンでも使用しています。